切らない治療

現在の取り組みについて

加齢と共に目立ってくるしわやたるみに悩んでいる人もとても多いのです。特にたるみが目立ってしまうと一気に老け顔になり、また表情も疲れたように見えてしまうのです。リフトアップさせることによってたるみを改善する事ができるため、リフトアップ効果が高い化粧品や、またエステなどでマッサージを受ける事もできます。 しかし最近の取り組みでは、美容整形外科によってたるみ治療できるようになっているのです。たるみ治療は昔から行われていますが、最近では切らないたるみ治療が注目されており、人気になっているのです。 切らないたるみ治療の1つにウルセラがあります。ウルセラとは超音波を肌にあてることによって皮膚の奥にある筋膜に働きかけてリフトアップできる美容機器なのです。

ウルセラを受ける方法について

ウルセラは近年切らないたるみ治療と呼ばれ、とても注目されている美容方法です。超音波が筋膜に作用して、コラーゲンの生成を促進させてリフトアップ効果を出すというものです。 このウルセラ治療を受けるためには美容整形外科に相談する必要があります。まずはカウンセリングを受けて悩みや疑問などを解決させる事ができるのです。来院する事に抵抗がある場合にはメール相談を行っている美容整形外科もあります。 カウンセリングの後にはどのようにしていきたいかなど実際にシミュレーションが行われていくのです。ウルセラは術後の腫れや痛みがなく、その日からメイクや洗顔も可能です。施術後に引き締まっているのが実感できますが、2か月ほどかけて少しずつさらに引き締まっていくのが実感できます。