いろんな原因

クマを悪化させる意外な原因

最近では、女性か男性を問わず、目の下のクマに悩まされている方が多くいます。現代人は仕事で忙しかったり、スマホの長時間の見すぎで、クマになってしまうことが多くあります。 実は、目の下のクマは、意外な原因で悪化することが判明しています。それは、慢性的な肩こりによるものです。そもそも肩こりに悩んでいる人の多くは、肩から首にかけての血行が滞りやすくなっています。そのため、血液の流れが悪いので、顔へ酸素や栄養がきちんと届かなくなってしまいます。そのため、血行不良や肌のたるみで目の下にクマができやすくなります。なので、クマで悩んでいる方は、肩を動かすストレッチを取り入れるなどして、肩こりを解消する必要があります。

治すために有効な施術

美容クリニックでは、クマを治す方法としてレディエッセ注入を行っています。このレディエッセとは、ハイドロキシアパタイトと呼ばれる成分です。この成分を目の下にある眼窩下緑の上に注入することで、皮膚が持ち上がります。その結果、肌にハリが戻り、クマを治すことができます。注入する成分は粘性が強いので、注入後は約2週間かけて自然な膨らみやハリになります。 そもそも目の下の皮膚はとても薄いので、注射の際には細心の注意が必要です。よって、皮膚組織を傷つけないように、先端の丸いピクセルカニューレという針を使用することになります。 このクマを治す方法は、皮膚に傷跡ができたり、ダウンタイムもありません。よって、とても気軽に治すことができます。