health and beauty

ピックアップ

人気のプチ整形

年齢を重ねると気になってくるのがしわとたるみですが、メスを使わないがサーマクールというプチ整形が人気を集めています。サーマクールには、カウンセリングから始まる施術手順があります。

詳細を確認する

美容外科は便利です

シミやしわやほうれい線には、美容外科での治療を利用すると便利です。方法としては、レーザー治療によってシミを消し去ります。費用はクリニックにより異なってきますので、それぞれ確認が必要です。

詳細を確認する

切らない治療

ウルセラとは超音波を肌にあてることによって皮膚の奥にある筋膜に働きかけてリフトアップできる美容機器で、切らないたるみ治療と呼ばれています。術後の腫れや痛みがなく、その日からメイクや洗顔も可能です。

詳細を確認する

作用する仕組み

アンチエイジングのためのボトックス注射

ボトックス注射は、もともとは片側顔面痙攣や眼瞼痙攣などの痙攣の治療のためにおこなわれていました。ボトックス注射には、筋肉につながる神経を麻痺させる作用があります。そのため注射後は筋肉が動きにくくなり、痙攣の症状がおさまるというわけです。 筋肉が動きにくくなるということは、顔の筋肉を動かすことによってできる表情ジワを目立たなくすることができるということです。そのため昨今ではボトックス注射は、美容目的でおこなわれることが増えてきています。シワが目立たなければ、顔は若々しく見えるようになります。また、表情ジワが定着して本格的なシワになってしまうことも防がれます。 以前は痙攣の治療方法として知られていたボトックス注射ですが、今後はアンチエイジングのための美容術としての知名度が上がっていくと予想されています。

効果の持続期間と次回の注射の時期

ボトックス注射の効果は、注射後1週間ほどで体感できるようになります。そしてその効果は、平均して4〜6ヶ月ほど持続します。4ヶ月目までは十分に効果が出ている場合が多いのですが、5〜6ヶ月目から多少薄れてくるのです。 したがって効果をさらに持続させたい場合には、注射後5ヶ月ほど経過した頃に、再度注射してもらう必要があります。6ヶ月以上経過して、完全に効果がなくなってから再度注射をした場合には、効果が出てくるまで再び1週間ほどの期間を要することになります。そのため、完全に効果がなくなってしまう前に注射してもらうことが大事です。 ただし短期間に何度も注射してもらうと、神経がそれに慣れてしまい、効果が出にくくなります。効果の持続期間や神経の耐性には個人差があるので、次回の注射の時期は、医師と相談して決める方が安全です。

トピックス

いろんな原因

クマはひとつだけでなく、いろんな原因の結果として現れるものだと言われています。よく言われる目の疲労だけでなく、肩こりなどもその遠因になると言われているのです。原因に合わせて治すという姿勢が、必要です。

詳細を確認する